まだiOS 13およびiPadOS 13のベータ版にアップデートしない方が良い理由

まだiOS 13およびiPadOS 13のベータ版にアップデートしない方が良い理由

非常に不安定

今週初めにAppleはPublic Betaをリリースしました

特に昨年のiOS 12 Beta版は、直ぐにインストールするに十分信頼できるものでした

しかし今年はまだあまりにも信頼性が低いため、重要な理由がある場合はインストールしないようにユーザーに促しています

これらのバグは、ソフトウェアが発表されてから、そしてAppleによっていくつかのアップデートがリリースされた後に、まだ1か月以上存在しています

さらに、Apple は、iPhone ソフトウェアの動作方法に一連の根本的な変更を加え、このバグが悲惨な結果を招く可能性があることを意味しています、たとえばインターネット上でデータを同期する方法が変更されました

スポンサーリンク

iCloudの同期サービス

Ulyssesの作者も、「iOS 13、iPadOS、およびmacOS Catalinaのベータ版を実行しているデバイスでのUlyssesのクラッシュ、ハング、その他の問題について、かなりの数の方々からご連絡をいただき、新しいOS上でうまく動くUlyssesのベータ版を提供することができないかどうか、何度か尋ねられましたが、残念ながら、当分の間、できません」と答えています

アップデートが、iCloudサービスに関する深刻な問題を引き起こしているということです

iCloudはAppleの同期サービスなので、もちろんそれを解決するのは私たちの力を超えています
Beta版を実行していないがiCloudを介して接続されているだけのデバイスにも及ぶ同期の機能停止とデータの損失が、一部の一般のベータユーザーから報告されました

また、おおくの開発者もiCloudはBeta版OSでは危険だと言います

それでも必要でインストールする場合は、デバイスやドライブをiCloudに接続しないことです

(Via gb gearbrain.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)