iPhone 14 Proモデルのリードタイムは改善されつつあるが、鄭州のトラブル前までには未だ戻っていない

iPhone 14 Proモデルのリードタイムは改善されつつあるが、鄭州のトラブル前までには未だ戻っていない

JP Morganのトラッカーによると、iPhone 14 Proモデルの供給は改善され、顧客の手に渡るまでのリードタイムが緩和されたが、リードタイムは12月を通して引き続き焦点となります

iPhone 14 Proの最大の生産拠点である鄭州Foxconnの施設でAppleが抱えていた問題は、顧客が端末を入手するまでのリードタイムに影響を与えました、現在、Appleが遅延の解消に取り組んでいることから、Proモデルの供給は進んでいるようです

AppleInsiderが確認したJP MorganのApple Product Availability TrackerのWeek 13では、Proモデルのグローバルリードタイムは一週間前の35日から29日に回復しています

リードタイムは改善していますが、鄭州のトラブルが始まる前のリードタイムを未だに上回っています

JP Morganによると、正常な水準に達するまでの課題が続いているため、12月四半期には「回復の度合いが制限される」可能性があるとのことです

スポンサーリンク


iPhone 14とiPhone 14 Maxでは、グローバルリードタイムはそれぞれ3日間で固定されています、iPhone 13シリーズと比較すると、ベースモデルのリードタイムは同程度ですが、Proバージョンでは長くなっています

米国では、Proモデルでは33日から25日に一週間ほど短縮されたのに対し、iPhone 14とiPhone 14 Plusは4日にとどまっています、中国では、ベースモデルのiPhoneが2日から1日に改善され、Proモデルは43日から39日に短縮されました

欧州では、iPhone 14とiPhone Plusのドイツとイギリスでの配送日数が4日から3日に短縮され、前年同期のiPhone 13とminiのリードタイムと同じになりました、Proモデルはドイツでは32日から25日まで、イギリスでは33日から27日まで、約一週間の改善が行われました

Wearables Trackerは、世界的に需要と供給が均衡を保っていることを示しています、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE、Apple Watch Ultraのリードタイムは、それぞれ8日、8日、4日と安定しており、1週間前の6日、7日、4日からは増加しています

Apple Watch SEとSeries 8のリードタイムは米国で刻々と延びており、これはホリデー関連の需要が追い風になったと考えられています

AirPods Pro 第2世代のリードタイムは3日間を維持しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)