Appleヘッドセットの出荷は2023年後半まで遅れる可能性あり

Appleヘッドセットの出荷は2023年後半まで遅れる可能性あり

テックアナリストのMing-Chi Kuo氏がTwitter共有した最新情報によると、Appleの長年噂されているAR/VRヘッドセットの大量出荷は、詳細不明の「ソフトウェア関連の問題」により、2023年の後半まで遅れる可能性があるとのことです

Kuo氏は、ヘッドセット用コンポーネントの大量出荷は2023年前半に開始される可能性が高いとしながらも、完全に組み立てられたヘッドセットの大量出荷は同年後半まで始まらないかもしれないと考えています

この遅れにより、Appleが2023年前半に発表したとしても、ヘッドセットの発売は年後半になる可能性があります

スポンサーリンク


6月のWWDC 2023はAppleにとって、このヘッドセットと、このデバイス用のAR/VRアプリを開発するためのSDKを発表する絶好の機会となるでしょう

Kuo氏は以前、Appleが1月のメディアイベントでこのヘッドセットを発表し、2023年の第二四半期に大量出荷を開始する予定だと主張していました

Kuo氏は、延期によって1月の発表が延期されるかどうかは定かではないが、メディアイベントから大量出荷までの期間が長すぎると売上に悪影響を及ぼす可能性があると指摘しました

Appleのヘッドセットは高価でニッチな製品になると予想されており、Kuo氏は2023年の出荷台数は50万台以下になると予想しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)