AppleとNvidiaがTSMCのArizonaチップ工場の最初の顧客に

AppleとNvidiaがTSMCのArizonaチップ工場の最初の顧客に

TSMCがアリゾナ州にチップ工場を開設する計画が本格化しており、TSMCは、Apple、Nvidia、AMDを最初の顧客とする予定です

特にAppleは中国への依存度を下げたいため、サプライチェーンを多様化させようとしています、火曜日には、ジョー・バイデン米国大統領が、同施設の最初の設備設置を記念する式典に出席する予定です

Nikkei Asiaによると、TSMCのアリゾナ新工場は、早ければ来年末にも「世界最先端のチップ」の製造を開始する予定だとのことです

当初は2024年に生産開始と報道されていましたが、米国政府や大手ハイテク企業の数字が好転してきているようで、以前は、TSMCは5nmチップのみを生産すると予想されていましたが、現在は4nmプロセス技術も使用する一方、3nmチップも「いずれ」同様に行う予定であると述べています

TSMCは当初、アリゾナで月に2万枚のウエハーを生産する計画でしたが、Nikkei Asiaの情報筋は、メーカーがその生産能力の倍増を目指していると見ています

スポンサーリンク


チップの生産は、Appleの中国とゼロコロナとのサプライチェーンの問題を解決することはできませんが、後者はすでに最新のフラッグシップiPhoneを初めて生産していることから、同社はインドのベトナムへの供給を拡大することも計画しているそうです

もうひとつ興味深いのは、米国でチップを生産するとコストが高くなるという点です、結局のところ、Appleはデバイスを大量生産するために他のアジア諸国を重視しているため、現地にサプライチェーンを持つことは解決策というよりも、Appleや他のハイテク企業のPRになると思われます

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)