Foxconnの従業員数千人がボーナス支給後に離職、iPhone 14生産に打撃

Foxconnの従業員数千人がボーナス支給後に離職、iPhone 14生産に打撃

報道によると、中国鄭州にあるiPhone最大の工場で働く20万人の従業員のうち約2万人が、Foxconnが新規採用者の退職時に1,400ドルのボーナスを支給することを決定した後に工場を去ったとのことです

この決定は、iPhone 14の製造需要の目標を達成するために余分な時間を働くことを決めた人々に対し、水曜日に行われた抗議活動で、約束されたボーナスの支払いがないこと、不十分な食料、COVID-19を手に入れる危険性が強調されたことを受けたものです

ロイターは事情に詳しい情報筋の話として、中国最大のiPhone工場から新たな従業員が去ったため、Foxconnの11月の出荷は予想よりも悪くなるだろうと報じています

鄭州工場はFoxconnがiPhoneの高級モデルを製造する唯一の工場であり、今月末までに全生産を再開する可能性は低い

スポンサーリンク


COVID-19によるロックダウンが不十分だった場合、「工場での補償給付について誤解を受けた」と主張する労働者もいれば、「COVIDの陽性反応が出た同僚と寮をシェアしたことに不満を持った」労働者もいました、その後、水曜日に労働者が抗議活動を行っています

その後Foxconnは謝罪し、この「技術的ミス」を理由に「辞任と退職に同意し、抗議した新入社員」に、1,400ドルの支払いを申し出ました

問題は、2万人以上の労働者が金を受け取って去ることを決めたことです

この記事の中でロイターは、Foxconnの問題であるという情報筋の話を聞いた、これに対して、これとは対照的に、この抗議行動は生産能力以上に会社の一般的なイメージに影響を与えたと考える人もいます

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)