AppleはiPhone 14と並行して49ドルのApple Pencilをリリースする予定だったが、直前になって取りやめたという怪しげな噂

AppleはiPhone 14と並行して49ドルのApple Pencilをリリースする予定だったが、直前になって取りやめたという怪しげな噂

怪しげな新しい噂によると、Appleは当初Apple Pencilの新しいバージョンを今年発売する予定でした、Weiboへの投稿によると、Appleはすでに大量生産に入っていたにもかかわらず、約50ドルの新しいApple Pencilの計画を土壇場で破棄しました。

このバージョンのApple PencilはiPhone互換機能を備えていると言われており、またiPad 10に関する大きな不満の一つを解決していたと思われます

Appleの廃盤となったApple Pencil計画

Duan Rui氏によってTwitterに共有されたこの投稿は、ほとんど実績のない情報源からのものであるため、かなり懐疑的に扱われるべきですが、それにもかかわらず、なされた主張は興味深く、検討に値します

情報筋によると、Appleは新しいApple Pencil (コードネーム 「Marker」) を開発中で、9月のイベントで発表する予定でした、Appleはこのアクセサリの価格を約49ドルに設定することを目標としていたと伝えられており、第一世代のApple PencilやApple Pencil 2よりも大幅に安くなります

スポンサーリンク


この低価格を考慮すると、いくつかの妥協があったと伝えられています、つまり、このApple Pencilには圧力感知技術もバッテリーも内蔵されていなかったようです

Appleは充電可能なバッテリーの代わりに、画面を通してスタイラスに電力を供給するチップを開発していたようで、これは、Samsungがスタイラス「Sペン」で行ったことと似ています

興味深いのは、このApple PencilがiPhoneでも動作したらしいことです、初代Apple PencilとApple Pencil 2はiPhoneに対応しておらず、Appleは過去にこの考えを否定していました、それにもかかわらず、これは何度か話題になった噂です

Appleがこのコードネーム「Marker」のApple Pencilの計画を中止した理由は不明ですが、土壇場で決定されたと伝えられています、今日のレポートによると、Appleはすでに100万台以上を製造しており、ニッチな存在だったであろうアクセサリーとしては決して少なくない量と言えます

スポンサーリンク


この安価なApple Pencilが本当に意味を持つのは、最新の第10世代iPadだ。Apple 10はUSB-Cポートを搭載しているにもかかわらず、Lightningを搭載した第1世代Apple Pencilでしか動作しないため、多くの批判にさらされてきました

つまり、Apple Pencilをペアリングして充電するには、9ドルのドングル (別売) が必要になります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)