中国の新型コロナ規制工場でFoxconnのiPhone工場労働者と警察が衝突

中国の新型コロナ規制工場でFoxconnのiPhone工場労働者と警察が衝突

20万人以上を雇用する「iPhoneシティ」と呼ばれるこの世界最大のiPhone組立工場では、中国中部の工場で抗議デモが発生し、Foxconnの従業員と警察が衝突する事態となりました

同工場では、数週間前から中国共産党によるCOVID-19関連のロックダウンや規制が実施されています

火曜日に労働者のチャットグループに流れたビデオには、Foxconn Technology Groupが世界の最新iPhoneモデルのほとんどを組み立てる鄭州の工場での混乱した光景を映し出していました

2022 11 24 09 41 46

現場北東側の工場建屋付近で撮影された動画には、白い防護服を着た男性や十数人の警察官が、男性を取り囲んで警棒で繰り返し殴る様子が映っていました

スポンサーリンク


工場の従業員によると、ボーナス支給が遅れる見込みであることを知った後、火曜日の夕方に工場近くの寮のエリアで抗議活動が始まったといいます

労働者によると、事件のビデオが出回ったため、抗議活動は少なくとも他の1つの寮地区にも広がりました、屋外に設置されていたテントを作業員が引き倒し、建物のガラス製の玄関ドアが壊される様子が動画で確認されました

Appleは抗議活動に関するコメントの求めに応じていませんが、先月、一連の混乱の影響でハイエンドiPhoneの出荷台数が予想を下回るだろうと述べています、Counterpoint Researchによると、Foxconnの鄭州工場は最新のiPhone 14ベースモデルの80%以上、ハイエンドのProモデルの85%を生産すると予想されています

スポンサーリンク


Appleは最近、中国の厳しいパンデミック対策などを理由に、中国以外での生産拡大をより積極的に計画するようサプライヤーに指示しています

Foxconnは、中国のゼロコロナの一環として数万人の労働者が隔離または寮に閉じ込められたことを受け、操業の回復を目指す新入社員にボーナスを今月提供しています

(Via The Wall Street Journal.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)