バックライト付きAppleロゴ、今後のMacBookで復活か

バックライト付きAppleロゴ、今後のMacBookで復活か

新たに公開された特許を見る限り、Appleは将来のMacBookモデルにバックライト付きのAppleの象徴的なロゴを復活させることを検討している可能性があります

かつてはどこの喫茶店でも見かける光景だったAppleのロゴの光るエンブレムは、2000年初頭に発売された多くのMacノートパソコンの蓋に搭載されていましたが、2015年での終焉となりました

Appleが2022年5月に出願し、先週米国特許商標庁によって公開された新しい特許は、「バックライト部分鏡構造を持つ電子デバイス」の様々な実装を要約していますが、例示された例は、Appleが念頭に置いている具体的なユースケースについてほとんど疑いを抱かせません

このことを最初に取り上げたPatently Appleは、この特許に記載されているエンジニアのうち三人がAppleに入社したのは2018年になってからで、バックライト付きのロゴがMacのノートPCから外されてからかなり後のことであり、異なる方法論が説明されていることを示しているとしています

スポンサーリンク


Appleのロゴがライトアップされた最初のMacノートパソコンは、1999年に発売された第三世代のPowerBook G3であり、この光るマークはその後16年間連続してAppleノートパソコンの主力となりました

この期間の唯一の変更点は、ロゴが上下反転され、誰かが公衆の面前で蓋を開けて座っているときに、見物人に逆さまに見えなくなったことです

2015年にAppleは、12インチの超薄型MacBookを皮切りに、ノートパソコンからイルミネーションによるロゴを排除し始めましたが、このモデルではiPadで見られるような、磨き上げられた金属製のロゴが描かれていました

2016年にはMacBook Proの新世代モデルが無灯火のトレンドを継続し、それ以来Appleは光るロゴのついたMacBookを発売していません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)