AppleはiPhone SE 4のディスプレイ、5.7インチから6.1インチのOLEDおよびLCD画面の詳細を最終決定しておらず検討中

AppleはiPhone SE 4のディスプレイ、5.7インチから6.1インチのOLEDおよびLCD画面の詳細を最終決定しておらず検討中

Appleは2024年に発売予定のiPhone SE 4のディスプレイサイズをまだ最終決定していない、とディスプレイアナリストのRoss Young氏が今日のツイートでSuper Followersに共有されました

Appleは、ディスプレイのサイズとディスプレイ素材に関して、さまざまな判断を検討しています

同社はサプライヤー2社からの6.1インチの有機ELディスプレイと、サプライヤー2社からの5.7インチから6.1インチのLCDを検討していると言われています、これらの情報を考慮すると、Appleが5.7インチディスプレイを採用するのか6.1インチディスプレイを採用するのか、またそのディスプレイがOLED技術を採用するのかLCD技術を採用するのかは現時点では不明です

OLEDディスプレイは、現在のiPhone SEモデルではベゼルが太いLCDディスプレイとTouch IDホームボタンを使用しており、より高価になるでしょう、AppleのフラッグシップモデルであるiPhoneには、iPhone 12以降の全モデルにOLEDパネルが搭載されています

スポンサーリンク


特に発売が2年後とされている廉価版のiPhone SEに、OLEDパネルを使用するのに十分な価格まで値下がりする可能性があります

5.7インチと6.1インチのディスプレイサイズはどちらも、過去にYoung氏自身も含めて噂されていました、Appleがまだ最終決定を下していないことが、2つの異なるパネルサイズについて耳にし続ける理由です

Appleが5.7インチディスプレイを採用するか6.1インチディスプレイを採用するかに関わらず、Young氏はiPhone SE 4がノッチ付きの全ディスプレイデザインを特徴とすると信じていますが、AppleがFace IDを導入するのか、それともTouch IDを採用するのかはまだ分かっておらず、この点についての噂は様々です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)