Apple、「M2 iPad Pro」向けにmacOSのライトバージョンをテスト中と噂される

Apple、「M2 iPad Pro」向けにmacOSのライトバージョンをテスト中と噂される

リーカーは、Apple が M2 iPad Pro 専用のバージョンの macOS に取り組んでおり、2023 年のどこかの時点で期待されていると主張しています

iPad に関する主な不満の 1つは、デスクトップ クラスのソフトウェア サポートがないことです、 Apple に対して、Final Cut Proだけでなく、フルバージョンのmacOSをiPadに移植するよう求める声が常に寄せられています

リーカーのMajin Bu氏のソースは、AppleがM2 iPad Pro専用のライトバージョンのmacOSに取り組んでいることを共有しています

コードネームは”Mendocino”と言われ、2023年に macOS 14としてリリースされる予定です

タッチ操作に適するよう、macOSのUIを25%拡大した状態でテストが行われています、しかし、この製品上で実行されるアプリは、macOSのものではなく、依然としてiPadに最適化されたバージョンになるとのこと

スポンサーリンク


Appleがなぜこのような半端なステップでiPadをmacOSのインターフェイスに移行させるのか、その理由は明らかではありません、PadにmacOSを求める人たちは、インターフェースよりもソフトウェアのためにそうしているのです

ソフトウェアのテストに関する噂は、常に大目に見る必要があります、Appleのソフトウェア計画について詳細が漏れることは、たとえあったとしてもごくわずかです

iPad上のmacOSに関する噂は10年以上前から流れており、初代iPadについては、そのデバイスのリリース前にmacOSの可能性があると噂されていました

また、Appleは社内でのテストや設定のために、iPad上で動作するバージョンのmacOSを用意している可能性が高く、このリーカーは、実際のOSではなくデバッグ状態のiPadを見た可能性があります

Majin Bu氏は、M2 iPad Proの独占販売がマーケティングの後押しになる可能性も示唆しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)