Apple、iOS 16開発者向けベータ版を共有するWebサイトを取り締まる

Apple、iOS 16開発者向けベータ版を共有するWebサイトを取り締まる

iOS 16、iPadOS 16、macOS Ventura、tvOS 16といったプレリリース版Appleソフトウェアのダウンロードリンクを提供していたBetaProfiles.comとIPSW.devの2サイトが、ここ数週間で閉鎖され、両サイトともアクセスできなくなっています

BetaProfiles.comはツイートで、Appleを避けるために遮断されたと述べていますが、そのWebサイト(またはIPSW.dev)が実際にAppleから法的措置をとるという脅しを受けたのかどうかや、Webサイトが予防措置として閉鎖されたのかどうかは不明です

Apple、BetaProfile.com、IPSW.devにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかったとのことです


スポンサーリンク


さらに、Kilpatrick Townsend Stockton LLPのAppleの弁護士は、IPSW.devなどのウェブサイトへのリンクを含む十数件のツイートに関連する、デジタルミレニアム著作権法 (DMCA) による削除通知をTwitterに提供した、とされています

申し立てによると、そのツイートがApple独自のベータ版ソフトウェアを侵害していると主張しています、表示されていたツイートはすべて、「著作権保有者からの報告を受けて」非表示になっています

IPSW.devは、ユーザーにiOS 16開発者ベータ版やその他のプレリリース版AppleソフトウェアのIPSWファイルへのアクセスを提供し、Appleサーバ、ファイル共有ウェブサイトWeTransfer、およびトレント経由でのダウンロードリンクを提供していました

BetaProfiles.comは、ベータプロファイルとIPSWファイルの両方へのリンクを提供しました、BetaProfiles.comによると、ユーザーがプロフィールをダウンロードするにはAppleの「Developer Program」に登録する必要があるが、ユーザーはこの警告を回避できると言います

スポンサーリンク


Appleの開発者向けベータ版は、米国で年間99ドルかかるAppleの「Developer Program」のメンバーのみを対象としています、Appleは、BetaProfiles.comやIPSW.devなどのWebサイトを取り締まることによって、このポリシーを守ろうとしているようです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)