iPhone 14はiPhone 13と同じ価格の799ドルからになる

iPhone 14はiPhone 13と同じ価格の799ドルからになる

東アジアから出てきた新たな噂によると、Appleの次期iPhone 14ベースモデルの開始価格は799ドルで、昨年発売された6.1インチのiPhone 13と同じエントリー価格になるとのことです

韓国のブログ「Naver」のアカウント「yeux 1122」の投稿によると、Appleは世界のスマートフォン市場の低迷に伴う需要の減少を相殺する目的で、次期エントリーレベルの主力スマートフォンの価格を引き上げることはないとしています

今年、6.1インチのiPhone 14に価格凍結を課すという決定は、生産コストの増加と継続的なサプライチェーンの混乱に直面しているにもかかわらず、「経営トップレベルで」なされたと言われています

もしAppleがiPhone 14を昨年のiPhone 13と同じエントリーレベルの価格帯で発売するとすれば、Appleのフラッグシップである6.1インチモデルの価格が据え置かれたのは2年連続となります

ベースモデルのiPhone 12は2020年に発売されましたが、価格は変わらず799ドルでした、もちろん、今年の大きな違いは、iPhoneのサイズが変化しており、5.4インチのiPhone 14 miniが出ないことです

スポンサーリンク


iPhone 13 miniは2021年、最も手頃な価格のフラグシップ機で、699ドルからでしたが、顧客には不人気だったため、Appleは2022年、フラグシップ機では大型iPhoneに焦点を当てています

Appleの次期iPhoneラインアップには、6.1インチのiPhone 14 、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Max、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxが含まれます

特に、Pro以外のモデルにはデザインの大きな変更がないと予想されており、噂によると、これらのモデルはiPhone 13シリーズで導入されたものと同じA15チップを使い続ける可能性が高いとのことです

より高速なA16チップを搭載すると予想されるはiPhone 14 Proに鳴ると言われています

また、2017年のiPhone X以来、Appleの主力モデルには不可欠だったディスプレイのノッチ が廃止される可能性が高く、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxには、前面カメラ用の円形のパンチ穴と、Face IDの主要コンポーネントを入れるためのピル型のノッチの組み合わせが採用されていると言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)