YouTubeがmacOS Venturaの連係カメラをBelkin Mountでテスト

YouTubeがmacOS Venturaの連係カメラをBelkin Mountでテスト

macOS VenturaおよびiOS 16の新機能の一つが連係カメラで、iPhoneをMacのWebカメラとして使うことができます

この機能は現在のベータ版で有効化されていますが、Belkinなどのサードパーティー企業が作成した特殊なマウントで使用するように設計されています

Belkinは、MagSafe対応の連係カメラのマウントを設計しており、これを使うと、iPhoneの本体がMac上の理想的な場所に設置され、Webカメラとして使えるようになります

マウントはまだリリースされていませんが、何人かのYouTuberがテストして、どのように動くかを知ることができます

Brian Tong氏、iJustine氏、ZolloTech氏の3人は、このマウントのプロトタイプバージョンを持っており、その仕組みは驚くほどシンプルです

iPhoneの背面に取り付け、マウントの背面にある小さなプラスチックの縁が、MacBookの上に理想的な位置で静止します

スポンサーリンク



マウントがMacに正しくアタッチされると、連係カメラが自動的にアクティブ化され、MacはiPhoneのカメラに置き換えられます

連携カメラを使用すると、複数のオプションを利用できます、たとえば、フレーム内に人を配置するためのセンターステージ、背景をぼかすためのポートレートモード、照明を調整するためのスタジオライト、デスクトップを表示するためにウルトラワイドレンズを使用する独自の機能であるデスクトップビューなどです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)