iOS 16 、オンラインショッピングに「Safari」のバーチャルカード対応を追加へ

iOS 16 、オンラインショッピングに「Safari」のバーチャルカード対応を追加へ

iOS 16では、Apple PayにCarPlayアプリの決済API、Walletアプリでの注文追跡、さらにはApple Pay Laterなど、いくつかの新機能が追加されています

Safariに搭載されたバーチャルカード

本日、開発者向けにリリースされたiOS 16 beta 3の内部コードで見られるように、Appleはオンラインショッピング時のセキュリティを改善するために、バーチャルカードをSafariに統合する新しいシステムに取り組んでいます

これは、銀行やカード会社の中には、クレジットカードやデビットカードの代替番号を生成するオプションとして、バーチャルカードを提供しているところもあります

これにより、カードデータが漏洩した場合に、銀行に新しいカードを要求することなく、バーチャルカード番号を取り消すことができます、一部の銀行では、ワンタイムカード番号を生成するオプションも用意されています

スポンサーリンク

コードの内容

このカードをSafariの自動入力で利用可能にして、オンラインショッピング時に実際のカード番号を隠すことができます
いつものようにカードを使い続けてください、オンラインで買い物をするときに、実際のカード情報を非表示にしてSafariAutoFillで利用できるようになりました

現時点では、この機能がすべての人に利用可能になるのか、それとも銀行やカードプロバイダーによる採用が必要になるのかは不明です、この機能は、GoogleがAndroid13で導入したものと同様に機能するようです

Safariは現在、Apple PayをサポートしていないWebサイトでオンラインで買い物をするときに、クレジットカードとデビットカードの自動入力オプションを提供しています

この機能を使用すると、クレジットカード番号を保存できるため、購入するたびに入力する必要がありません

9to5Macによると、見られるコードは、SafariAutoFillがApplePay互換のクレジットカードとデビットカードを探すようになることも示しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)