Appleのシリコンサプライチェーン、さらなる値上げに直面

Appleのシリコンサプライチェーン、さらなる値上げに直面

Appleはさらなるチップ価格の高騰に直面する可能性が高く、サプライヤーであるTSMCはコスト増に対応しようとしているとBloombergが報じています

日本の化学メーカーである昭和電工は、5,500億ドル規模の半導体業界が直面している数々の経済的課題に取り組む中で、さらなる値上げと不採算製品ラインの削減を行う予定です

Bloomberg Newsのインタビューに応じた染宮英樹最高財務責任者は、COVID-19の供給不安や同国での戦争によるエネルギーコストの高騰、円の急激な下落を反映して、今年に入ってから既に少なくとも10件以上の値上げを行っていることに加えてだと述べました、少なくとも2023年までは、状況が大きく改善することはないだろうと同氏は付け加えています

スポンサーリンク


昭和電工は台湾セミコンダクターマニュファクチャリングやインフィニオンテクノロジーズなどにチップ製造に必要な材料を供給していますが、顧客に転嫁するコストの大幅な引き上げを余儀なくされていると指摘しています

チップメーカーやトヨタ自動車などの製造業者が製造工程の初期に使用する化学物質の主要な供給者であるため、価格の上昇は利益を圧迫し、顧客にも追随するよう圧力をかける可能性があります

染宮は次のように述べています

材料業界のすべてのプレーヤーに共通する今年の大きなテーマは、コスト負担をどれだけ顧客に納得してもらえるかです、現在の市場の動きでは、これまで計算していた金額の2倍を要求する必要がある

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)