エントリーレベルおよびミッドレンジのiPhoneには、最新のAppleチップが搭載されなくなる

エントリーレベルおよびミッドレンジのiPhoneには、最新のAppleチップが搭載されなくなる

今年の初め、著名なアナリストのMing-Chi Kuo)氏の興味深いレポートは、Appleが新しいA16チップをiPhone 14 Proモデル専用にし、通常のiPhone 14モデルには昨年のA 15チップが搭載される可能性があることを明らかにしました

A15チップ

Appleは今年、iPhone 14、iPhone 14 Max 、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの4つの新しいiPhoneモデルを発表すると予想されています

iPhone 14の通常モデルは、iPhone 13と同じデザインを維持し、内部のアップグレードは最小限にとどまるが、Proのラインナップは、新しいスクリーンデザインとカメラの大幅なアップグレードでより注目を集めると予想されます

Appleが新しいデザインのような大きなアップグレードを、より高価なiPhoneモデル専用にしているのは、今回が初めてではありません、2017年、iPhone Xは全く新しいデザイン、Face IDなどの新技術を搭載して登場し、iPhone 8とiPhone 8 PlusはiPhone 7の改良版に過ぎませんでした

しかし、iPhone 8もiPhone Xも同じA11 Bionicチップを搭載していいました、Appleはその後も、iPhone XRとiPhone XS、iPhone 11とiPhone 11 Proなど、この戦略を踏襲しています

スポンサーリンク

新たなビジネス戦略

Kuo氏は個人ブログの記事で、ミッドレンジのiPhone 14とハイエンドのiPhone 14 Proの大きな違いにより、より高価なモデルの消費者への人気はさらに高まるはずだと述べました

これまでiPhone 14 Proは、2022年末までに新型モデルの販売台数の40%~50%を占めると予想されていましたが、今回、その予想が最大60%に引き上げられました

しかし、これまで誰も言わなかったことがあります、Kuo氏は現在、Appleの最新チップは今後、iPhoneのハイエンドモデル専用になると主張しています、言い換えれば、Appleが今後、エントリーレベルやミッドレンジのiPhoneに最新かつ最高のチップを搭載しない、と同氏は考えているということです

より高価なiPhoneモデルに新しいプロセッサを搭載し続けることで、より多くの人が安いモデルではなくこれらのモデルを購入するようになり、iPhoneの平均価格が上昇することは間違いありません、これはAppleのiPhone販売による利益がさらに増えることを意味します

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)