Apple、iPhone 14の第一弾の注文を10%削減か

Apple、iPhone 14の第一弾の注文を10%削減か

新しいiPhoneを発売日に手に入れるのはいつも大変ですが、今年はさらに大変かもしれません

DigiTimesは、Appleがサプライチェーンの混乱のためにiPhone 14の注文を10%削減していると報じています

半導体業界の情報筋がDigiTimesに語ったところによると、TSMCの大手顧客3社が最近、注文を調整したとしています、この結果、Appleは第一波の出荷目標9,000万台を10%削減しました

Appleはすでに次期主力スマートフォンの量産を開始したと報じられていますが、今秋は900万台少なくなる見込みです

Apple、iPhone14の受注を10%削減

報告書によると、家電への需要は予想以上に悪化しており、AMDやNVIDIAなどの企業は、供給を十分に迅速に動かすことができません、それで注文を調整しています、このことはTSMCの生産能力にも影響を及ぼします

スポンサーリンク


報告書が指摘しているように、NVIDIAは事前にTSMCに生産能力と具体的な条件を前払いしました

NVIDIAは現在も注文を減らしたいと考えていますが、TSMCは譲らないでしょう、半導体メーカーは、NVIDIAが購入したチップを製造するが、最初の出荷を少なくとも1シーズン、あるいは2023年第一四半期まで延期することには同意したと報じられています

競合するレポート

興味深いことに、この報道は、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が中国におけるiPhone 14の強い需要についてツイートした数時間後に浮上しました

Kuo氏は、同氏の最新調査によると、中国の販売業者は「iPhone 14の十分な供給を確保するために、過去最高の前払い保証金」を支払っているとしさしました

また、iPhone 14に対するこうした高い需要は、「発売後にiPhone 14の注文が減少するリスクに対する市場の懸念を和らげる可能性がある」としています

この2つの報道は、矛盾しているように見えます、とはいえ、この3年間で繰り返し見てきたように、状況は数日、あるいは数時間で大きく変化する可能性が在ります

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)