Apple、謎のネットワークアダプタが明らかに

Apple、謎のネットワークアダプタが明らかに

先月、FCCの文書は、Appleがいくつかの珍しい機能を持つ謎の新しいネットワークアダプターを開発していることが明らかになっていました

しかし、その仕様を見ても、これが本格的なルーターやWi-Fiアクセスポイントになるのか、あるいは消費者向けに販売されるデバイスになるのかどうか、懐疑的でした

AppleInsiderは先週、台湾の規制当局に提出された書類の中に、同端末の画像と詳細情報をいくつか発見しました、よく見ると、これはAppleが社内利用のために作ったもので、一般消費のためではないことがはっきりしています

一つには、Appleが顧客に見せたいと思うようなものではないことです、ダークグレーのコンパクトな箱で、長さは約4インチ、大きさは約1インチ四方。両端にEthernetポートがあり、ひとつはUSB-Cポート、もうひとつはボタンのようなものです

2022 06 22 07 56 40

USB-Cポートは電源供給を目的としている可能性が高い、しかし、イーサネットポートの設計とレイアウトからすると、これはネットワークトラフィックを監視するために設計されたデバイスのように見えます

2022 06 22 07 56 52

スポンサーリンク


Appleの台湾NCCへの提出書類における残りの情報は、すでにFCCへの提出書類で見たものを反映しています、296mAhの内蔵バッテリー、32GBのストレージ、1.5GBのRAM、Bluetooth、NFC、2.4GHz 802.11n Wi-Fi4などです、これらの部分は当然ながら写真では見えません

また、FCCとNCCの両方の文書に記載されているように、アダプターにはUSB-A to USB-Cケーブルがバンドルされていることが写真から確認できます、Apple TV 4Kには、Siri Remoteの充電用にUSB-A to Lightningケーブルが同梱されているなど、Appleが旧式のUSB接続を同梱することは前例がないわけではありませんが、それでも異例の動きといえるでしょう

2022 06 22 07 57 092022 06 22 07 57 09

しかし、このデバイスが最終的に一般人が目にすることを想定していないことは写真から明らかで、USB-A接続は明らかにAppleのエンジニアまたはサプライヤーやApple認定サービスプロバイダなどのパートナーによる内部使用のためのものです

また、このデバイスには「For Development Use Only」と明記されていますが、これはデザインプロトタイプのためだけのものである可能性もあります、また、2つのQRコードも含まれていますが、どちらも意味のない参照情報が含まれています

2022 06 22 07 57 24

スポンサーリンク


このデバイスはAirMacルーターではないからといって、Appleがまだこのデバイスを開発していないとは限らないが、最近の噂を鵜呑みにしてはいけません

2022 06 22 07 57 35

この謎の内部ネットワークアダプタが新たな憶測を巻き起こした後、ある情報筋が 「Appleは11月に新しいAirPortを発表する見込みだ」と述べたと、これまでにさまざまな情報が流れています

この記事によると、macOS 13にはTime Machineを全面的に作り直してiCloud Driveに統合したバージョンが搭載されると言います、AppleがmacOS Venturaを発表し、プレビューした今、それも起きていないことは間違いないでしょう

Appleがこれほど大規模な新機能を開発中で、それについて話したがらない可能性は極めて低く、そしてAppleが1年近く経ってから発表することを、WWDCで躊躇しないことは誰もが知っています

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)