iOS 16は、インターネットで最も厄介な機能の1つをバイパスするのに役立つ

iOS 16は、インターネットで最も厄介な機能の1つをバイパスするのに役立つ

CAPTCHAは、すべてのインターネットユーザーの悩みの種です、これらのセキュリティツールは、ボットと人間の違いを特定するのに役立ちますが、絶えず迷惑になることもあります

AppleのiOS 16は、対応するアプリやWebサイトで自動認証をサポートしているので、CAPTCHAプロンプトを回避しながらも自分が人間であることを証明できます

iOS 16、iPadOS 16、macOS Venturaでは、この機能に対応しているアプリやWebサイトで迷惑なCAPTCHAを回避できます

簡単に言うと、AppleのシステムはCAPTCHA認証の代わりに、ユーザーが何かをしなくてもロボットではないことを安全に証明するプライベートアクセストークンを使うのです

iOS 16ではCAPTCHAプロンプトをバイパスできる

アプリやWebサイトへのログインや新しいアカウントの作成は、この秋にAppleがiOS 16を全ユーザー向けに公開する際に、プライベートアクセストークンによる自動認証をサポートすることでスムーズに行えるようになります、Appleは、同社Webサイトで公開した開発者セッションのビデオで、この機能について詳しく説明しています

CAPTCHAは、押すだけの簡単なボタンです、しかし、多くの場合、CAPTCHAは詐欺行為を防ぐための入力が難しい。信号のある画像をクリックしたり、曲がりくねった文字で書かれたフレーズを入力して、自分がロボットではなく人間であることを証明するよう求められる場合が在ります

スポンサーリンク


Appleのソリューションでは、プライベートアクセストークンを使ってユーザーを互換性のあるアプリやWebサイトにログインさせ、CAPTCHAプロンプトを完全にバイパスします

Apple IDアカウントの状態が良好で、デバイスが改ざんされていなければ、この機能はプライベートアクセストークンを使ってサインインします、Appleがこの機能を設計したのは、迷惑なCAPTCHAを乗り越えてプライバシーを高めるためです

アプリとWebサイトの自動認証を使用する方法

2022 06 21 08 39 10

CAPTCHAをバイパスする機能は、iPhone、iPad、Macの設定の[Apple ID]>[パスワードとセキュリティ]セクションで、必要に応じてオン/オフを切り替えることができます

  • iOS 16を搭載するiPhoneまたはiPadOS 16を搭載するiPadで、それぞれ 設定」を開きます。、MacでAppleメニューをクリックし、「システム設定」を選択します
  • iPhone/iPadの「設定」アプリで、Apple IDのプロフィール名と画像をタップします、Macで、 「システム設定」 ウインドウの[Apple ID]をクリックします
  • iCloudのサービスと機能のリストから[パスワードとセキュリティ]>[詳細]項目>[自動認証]スイッチをオンまたはオフの位置にスライドさせて、この機能のオン/オフを切り替えます

プライベートアクセストークンとは?

この機能は、相手側のサポートなしで「単に動作する」わけではありません、つまり、アプリまたはwebサイトは、これらのプライベートアクセストークンを処理するコードをデプロイする必要があります

スポンサーリンク


CloudflareとFastlyはすでにプライベートアクセストークンのサポートを発表しています、どちらのサービスもAppleのパートナーで、iOS 15のiCloud Private Relay機能はまだベータです、つまり、CAPTCHAを回避するこの機能がCloudflareやFastlyのアプリやWebサイトで利用できるようになる可能性があろます

Appleによると、プライベートアクセストークンは、IETFの「Privacy Pass」ワーキンググループで標準化が進められている技術を利用しているとしています、プライベートアクセストークンの詳細と、iOS 16でのCAPTCHAの除去については、CloudflareブログFastlyブログに詳細な説明がああります

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)