FCC出願書類から、iOSで動作するAppleの謎の「ネットワークアダプタ」が明らかに

FCC出願書類から、iOSで動作するAppleの謎の「ネットワークアダプタ」が明らかに

企業が無線周波数 (BluetoothやWi-Fiなど) を使用する製品を開発するたびに、FCCなどの規制機関による承認を受ける必要がありま

興味深いことに、FCCに今週提出された資料によると、iOSを搭載したApple製の謎の新しい 「ネットワークアダプタ」 が明らかになりました

「A2657」という開発コード名が付けられたこの製品は、単に「ネットワークアダプタ」と説明されています、FCCが共有した文書によると、Appleは2022年1月22日、同装置のサンプルユニットをFCCに送付しました、アダプターの画像はありませんが、ドキュメントには内部ハードウェアの詳細が記載されています

謎のApple製LANカードはギガビットイーサネットポート2基、Wi-Fi、Bluetooth、NFCアンテナに加えて、USB-Cポートを備えています

興味深いことに、FCCに提出された書類によると、このアクセサリには32Gバイトの内蔵ストレージと1.5GバイトのRAMが搭載されています、同じ製品の別のバージョンには、USB-CではなくLightningポートが搭載され、RAMは1Gバイトしかありません

スポンサーリンク


書類によると、このアダプターはiOS 15.5の初期の内部バージョンであるファームウェア「19F47」を実行します、このことを念頭に置いて、このアダプターは、AppleのStudio Displayのように、Appleシリコンチップをベースにしていると想定されます

FCCがMacBook ProとiMacに接続された新しいアクセサリをテストしたという事実は別として、Appleが2022年11月までの秘密保持契約の有効期限を要請したため、詳細は不明です

2022 05 22 13 28 13
9to5Maは、次のように考えているとのことです

このアダプタがAppleからリリースされていない新製品だとしたら、Macユーザー向けの最新のネットワークハブなのか、それともAirMacの代替品なのか。まだ答えは出ていないが、個人的にはAppleのAirMacルーターの新バージョンを見てみたいと思っている

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)