WWDC 2022を前に、Appleの今後のヘッドセットに関する多くの興味深い情報が報告される

WWDC 2022を前に、Appleの今後のヘッドセットに関する多くの興味深い情報が報告される

The New York Timesは、Appleの今後のヘッドセットに関する多くの興味深い情報を公開しています

Appleは次の大きなもののために点と点を結びつけ始める

2022 06 05 07 25 32

Appleは次のビジネスを変えるデバイスになることを期待して、デジタル世界と現実世界を融合させるヘッドセットのピースを組み立てているところです

Apple TV+の「Prehistoric Planet(太古の地球から)」のエグゼクティブプロデューサーであるFavreau氏は、この番組の恐竜をVRヘッドセットで再現しようとしていいます

ヘッドセットはスキーゴーグルのような見た目で、仮想現実 (VR) と拡張現実 (AR) の体験を提供することを目指していると、関係者は語っています

これとは別に、Appleは開発者向け年次カンファレンス 「Worldwide Developers Conference」 で、新しいカメラと音声機能をアプリに追加できるようにするソフトウェアツールを発表する計画です

このプロジェクトに詳しい2人の人物とThe New York Timesが確認した文書によると、ユーザーは最終的に同ヘッドセット上で操作できるようになり、ハンズフリーのインターフェースに向けた下準備を築いています

Appleの広報担当者Trudy Muller氏は、今後のプロジェクトについてコメントを避けました

スポンサーリンク


2016年頃、Appleの本社では多くの従業員が仮想現実についての近未来小説を読み、Apple独自の複合現実世界を構築する可能性について語っていました

AppleはDolby TechnologiesのエンジニアMike Rockwellを雇い、彼にプロジェクトの指揮を任せました、このプロジェクトに詳しい2人の関係者によると、同氏は当初、拡張現実 (AR) 製品の開発に取り組んでいたが、コンピューティング能力の低さが足かせになっていたと言います

関係者によると、Appleはバッテリ電源の問題が続いているため、リリースを2023年まで延期せざるを得なくなったとしています

拡張現実 (AR) の取り組みは、Apple社内で意見が分かれており、Rockwell氏が統括する同製品は、2011年に亡くなった共同創設者のSteve Jobs氏や、2019年に同社を退職した元デザイン責任者のJony Ive氏ではなく、同社のエンジニアリングチームが率いてきたAppleから最初に生み出された製品の1つになるはずです

Favreau氏の番組によって導かれたApple Watchプロジェクトは、AppleがいかにしてMetaとの差別化を図ろうとしているかを示しています、またこの動画は、同社が2019年にApple TV+を開始して以来ハリウッドで培った関係をうまく利用していることを示しています

スポンサーリンク


Appleが提供するこれらのソフトウェアツールは、開発者らによる拡張現実 (AR) アプリの開発を促進するための複数年にわたる取り組みを延長するものです

同社がその取り組みを開始したのは2017年のARKitで、これによりデベロッパーはiPhoneのカメラとモーションセンサーを使って現実世界にデジタルオブジェクトを置き、それを使ってユーザーと対話することができます

AppleがWWDCで発表するとみられるツールキットは、ソフトウェア開発者がSiriやQRコードを使ってアプリ内でショートカットを呼び出せる新しい機能、将来のヘッドセットで活用されるインタラクションを提供する新しいdevkitが発表されると予測されます

(Source The New York Times , Via Apple Ttack.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)