今年スマートフォンの売り上げが3.5%減少する中、Appleは最も影響の少ないベンダーになる

今年スマートフォンの売り上げが3.5%減少する中、Appleは最も影響の少ないベンダーになる

International Data Corporation (IDC) Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerによると、2022年のスマートフォン出荷台数は前年比3.5%減の13億1,000万台になると予測されています

しかし、調査グループは、Appleはサプライチェーンをよりきめ細かく管理しており、高価格帯の顧客の大半がインフレなどのマクロ経済問題の影響を受けにくいため、影響が最も少ないベンダーのようだと述べています

3四半期連続で減少し、需要と供給の両面で課題が増大した後、IDCは2022年の予測を前回の1.6%成長から大幅に下方修正しました

しかし、市場が回復し、2026年までの5年間の年平均成長率 (CAGR) が1.9%に達するため、短期的には後退すると研究グループは予想しています

IDCのWorldwide Mobility and Consumer Device Trackersのリサーチディレクター、Nabila Popal氏は次のように述べています

スマートフォン業界は、需要の減退、インフレ、継続的な地政学的緊張、継続的なサプライチェーンの制約など、多くの面で増加する逆風に直面しています。しかし、明確な終わりが見えない中国のロックダウンの影響ははるかに大きい。ロックダウンは、世界最大の市場での需要を減らし、すでに困難に直面しているサプライチェーンのボトルネックを強化することで、世界の需要と供給に同時に打撃を与えた。その結果、Appleやサムスンなど、多くのメーカーが今年の受注を削減しました。

スポンサーリンク


IDCによると、2022年には中欧および東欧 (CEE) で最大の出荷減が予想され、出荷台数は前年比22%減になると予測されます

中国は今年、世界の出荷台数減少分の約80%に当たる11.5% (約3800万台) の減少が予想されている

西欧では1%の減少が見込まれていますが、アジア太平洋 (日本と中国を除く) (APeJC) では3%と中国に次いで2番目に大きい地域を含め、その他のほとんどの地域は今年プラス成長になると見込まれています

IDCは、2022年には前年比25.5%の成長が予想され、7億台近くのデバイスが新たに出荷される製品の53%を占め、平均販売価格 (ASP) は608ドルになるとしています

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)