Apple 、App Storeで15億ドルの不正取引を、リスクの高いアプリ160万本をブロック

Apple 、App Storeで15億ドルの不正取引を、リスクの高いアプリ160万本をブロック

Appleは、同社のApp Storeの安全機構メカニズムによって、約15億ドルの潜在的な不正取引を阻止し、160万本の「問題のあるアプリ」を顧客から遠ざけたと発表しています

このレポートは、同社が2021年に発表した初めての不正防止分析結果を補足するものです

2つの報告書によると、Appleは2020年と2021年に、同額の15億ドルの不正取引を阻止していいます、Appleは2020年に100万本、2021年に160万本をブロックしたことから、Appleは問題のあるアプリの取り締まりに成功したようです

Appleによると、2021年全体で9,400万件を超える偽レビューと1億7000万件の評価を「モデレーションステータスを満たさない」として検出し、ブロックしました、また、顧客からの報告や人間による評価によって発見された61万件のレビューも削除しました

2022 06 02 08 10 39

Appleはまた、不正行為があったとして802,000の開発者アカウントを削除し、同様の懸念で153,000を拒絶した。また「海賊版ストアフロント」で63,500の違法アプリをブロックしました

スポンサーリンク


人間によるレビューと自動化された仕組みを導入した結果、Appleは330万件を超える盗難クレジットカード情報が、詐欺の可能性のある取引に利用されるのを阻止した、また、60万件近くのアカウントの取引を再び禁止しました

Appleは、「App Store上の詐欺の防止と減少に向けた取り組みについて、複数のチームによる継続的な監視と警戒を必要としている」とAppleは記しています

『App Review』から『Discovery Fraud』に至るまで、アプリの不正行為からユーザーを保護するというAppleの継続的な取り組みは、独立系として高い評価を受けているセキュリティ専門家らがApp Storeこそアプリを見つけてダウンロードする最も安全な場所だと述べている理由を、あらためて証明するものです

アップデートされた数字に加えて、AppleがApp Storeの顧客を守るために利用している保護策についても、同様にレポートで強調されています

これには、「App Store Review」、決済とクレジットカードの保護、アカウント詐欺対策の仕組みなどが含まれています

(Via Appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)