Appleの組立メーカー、Quantaが上海の閉鎖された工場で労働者の反乱に直面

Appleの組立メーカー、Quantaが上海の閉鎖された工場で労働者の反乱に直面

Appleの組み立て業者 Quanta Computerは、中国共産党の「ゼロコロナ」政策のために封鎖された上海の工場内で立ち往生している労働者たちの反乱に直面している

Bloomberg Newsによると、Quanta Computerの低賃金労働者たちは、自由を求め、上司に対して反乱を起こし始めていると、この問題に詳しい関係者が語っっています

何百人もの労働者が警備員と衝突しています、従業員数人によると、監禁が続けば物資が底をつくと心配した大勢の人々が、今月初め、日用品を求めて警備の厳しい隔離壁を越えて押し寄せたと言います

先週末には、Quantaの台湾人マネージャーたちが住む寮に、長期にわたる監禁と給与をめぐって大勢が押し入り、数時間にわたって膠着状態に陥ったことがメディアで報道されました(施設内で働く複数の従業員が確認)

事件は、3月以来2500万人の上海人の生活を台無しにした封鎖に感情がどのように苦しんでいるかを強調しています

スポンサーリンク


「人々はこのようなコントロールに不満と疲れを感じている」と労働者の一人は語っています、4月、Quantaは台湾証券取引所に提出した書類で、上海サイトの生産を停止し、従業員を保護するために地元政府の規制に従った措置を取ると発表ししました

現時点で工場の不安がどれほど広がっているかは不明ですが、エコノミストは、Quantaが孤立した事件である可能性は低いと述べています

(Via Yahoo!finance.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)