WWDC 2022に向けてApple Developerアプリをアップデート

WWDC 2022に向けてApple Developerアプリをアップデート

Appleは、2週間以内に開催されるWorldwide Developers Conferenceの準備を進めており、Apple Developerアプリをアップデートし、2022年のイベントに関する情報を提供しました

Apple Developerアプリは、WWDC 2022のセッションビデオ、Digital Lounges、ラボ、コーディングチャレンジなどの詳細を掲載し、デベロッパーはアプリ内で直接参加登録することができます

開発者は、Apple Developerアプリに追加されたSharePlay機能を使って、FaceTimeで一緒にWWDCのコンテンツを視聴することができます

Appleによると、検索の改善、iPadOS用のキーボードショートカットなど、いくつかの機能強化が行われているとのことです

スポンサーリンク


リリースノートは以下の通りです

  • セッションビデオ、Digital Lounges、1on1ラボ、Coding & Design Challengesなど、WWDC22が提供するすべてのものを探索できます
  • Digital Loungesやラボなどのインタラクティブなアクティビティに、Developerアプリケーションから直接サインアップできます
  • SharePlay を使って一緒にビデオを見ることができます
  • また、バグを修正し、さまざまな機能拡張を行いました。
  • 検索機能を再構築し、より広範囲な検索と引用フレーズのサポートを実現しました
  • iPadOS用のキーボードショートカットを追加しました
  • ダウンロードを開始した順番に表示するようにしました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)