AppleのA16チップは5nmにこだわり、M2は3nmにジャンプする可能性

AppleのA16チップは5nmにこだわり、M2は3nmにジャンプする可能性

Appleのサプライチェーンからのリーク情報によると、iPhone 14 Proモデル用のA16チップは、A15と同じ製造プロセスに固執する可能性があります

一方、新しいM2チップは、4nmプロセスをスキップして、3nmファブリケーションを使用すると伝えられています、さらに興味深いことに、Appleはもう1つM1チップのバリエーションを用意している可能性があります

iPhone 14のA16チップの製造

Twitterのスレッドによると、「かなり信頼できる情報源」が、TSMCの今後の生産計画をShrimpAppleProにリークしたそうです

TSMCは、AppleのSoCファミリーをすべて製造しています、現在、TSMCはA14、A15、M1チップを5nm製造プロセスで製造しています

リークによると、iPhone 14 Proモデルで使用されると噂されているAppleのA16チップも同じままです

スポンサーリンク


iPhone 14のベースモデルには、性能を向上させたA15チップが引き続き搭載されると思われます、多くの人が、TSMCはより新しい4nmプロセスをA16に使用するだろうと考えていましたが、そうではないかもしれません

もし本当なら、A16チップは考えていたよりも大幅なアップグレードにはならないかもしれません、ShrimpApplePro氏とアナリストMing-Chi Kuo氏によると、パフォーマンスの改善はスマートフォンのメモリにあるといいます

いずれも、iPhone 14にLPDDR 5メモリが搭載されることを示唆しています、このタイプのメモリは、現在使用されているLPDDR 4メモリチップよりも最大1.5倍高速で、電力効率も最大30%向上しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)