iOS 16は現在少なからずバグがあり、最初のパブリックベータはDeveloper beta 3と同時にリリース

iOS 16は現在少なからずバグがあり、最初のパブリックベータはDeveloper beta 3と同時にリリース

BloombergのMark Gurman氏によると、パブリックベータ版のテスターは7月からiOS 16のアップデートらら試用できるとのことです

このアップデートは、開発者による数週間にわたるベータテストを経てリリースされる予定の第3ベータ版と同時にリリースされる予定だと報じられています

これまでAppleは、次世代「iOS」アップデートのパブリックベータ版を開発者向けの第2ベータ版と並行してリリースするのが一般的でした、このためAppleが第3ベータ版のリリースを計画しているとすれば、パブリックテストは例年よりも遅く開始される予定です

Gurman氏は、パブリックベータ版の公開は遅れている可能性があり、内部のシードは現時点では「少しバグが多い」と推測しています

Appleは、Worldwide Developers ConferenceでiOS 16のプレビューを行う予定で、同アップデートは6月6日に行われる基調講演で発表されるとみられています、開発者は、基調講演の後に直接ソフトウェアをダウンロードする機会があります

スポンサーリンク


最初のベータ版は、しばしばバグに悩まされ、それを解決する必要があります、そのためAppleは、アップデートが9月に一般公開される前に、数カ月にわたるベータテスト期間を設けています

バグのため、Appleはしばしばベータ版をメインデバイスではなく、セカンダリデバイスにインストールすることを推奨しています

今のところiOS 16の本体のことはほとんどわかっておらず、Appleはアップデートを秘密にしており、リークもほとんどありません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)