Apple、アプリに自動更新型サブスクリプションの価格上昇を制限付きで課金させる機能を追加

Apple、アプリに自動更新型サブスクリプションの価格上昇を制限付きで課金させる機能を追加

今年初め、Appleは、開発者が自動更新可能なサブスクリプションの価格を上げることを許可する新しい機能をテストしていました

この「パイロットプログラム」は一部の開発者に限定されていましたが、Appleは今回、制限を設けながらもすべての開発者にこれらの変更をロールアウトしています

現在、開発者が自動更新サブスクリプションの価格を上げた場合、ユーザーは新しい価格でサブスクリプションを継続することを確認する必要があります、今回のアップデートにより、ユーザーの操作がなくても値上げ分が課金されるようになります

もちろん、Appleの開発者向けWebサイトで詳細に説明されているように、開発者がこの機能を悪用するのを防ぐためにいくつかの制限が設けられています

たとえば、サブスクリプション価格の変更がユーザーに通知されます、その場合でもAppleは、値上げは1年に1回以上はできないと明言しています

その他の制限としては、通常定期購読の場合は最大5ドル、年間購読の場合は最大50ドルの値上げが可能です

そのような場合、Appleは価格の変更をメール、プッシュ通知、アプリ内メッセージでユーザーに知らせます、ユーザーは、必要に応じてサブスクリプションをキャンセルするオプションに簡単にアクセスできるようになります

スポンサーリンク


自動更新サブスクリプションは、ユーザーがアプリのコンテンツ、サービス、またはプレミアム機能にアクセスできるようにするための優れた方法です

そしてAppleは、購読者が購読を見たり、キャンセルしたり、管理したりするのを容易かつ透明にするための基準を設定し続けています

Appleの包括的なアプローチには、Eメール、プッシュ通知、アプリ内メッセージングを提供して、今後の変更やサブスクリプションの管理方法をサブスクライバーに通知したり、必要に応じてキャンセルしたりすることが含まれます

自動更新サブスクリプションの価格上昇がこれらの制限を超えた場合、ユーザーはアプリを介して手動で再サブスクライブする必要があります、新しい料金を選択しなかった購読者は、次の請求期間にサブスクリプションは更新されません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)