AppleがCanooEVスタートアップを買収する可能性も

AppleがCanooEVスタートアップを買収する可能性も

Apple Inc.が大規模な新製品の開発に着手する場合、通常は買収が絡んできます。iPhoneのマルチタッチインターフェース、Siri、Apple Music、Face ID、Touch ID、Apple Maps、そしてmacOSでさえ、部分的には企業買収の結果生まれたものです

Appleの未来の電気自動車も例外ではありません、自動運転や機械学習に必要な基礎的な仕事の一部は、過去数年間の同社の人工知能との取引から生まれています

2019年にAppleがDrive.aiを買収して、自動運転車に関する専門知識を手に入れた。その取引で獲得したエンジニアとマネージャーの一部は、現在同社の自動車オペレーティングシステムと自動運転ソフトウェアの中心的な仕事をしています

Appleのプロジェクトをさらに支援する可能性のある買収ターゲットが浮上しています

5年前に創業したEVの新興企業である同社は苦戦を強いられていいます、同社は先週、営業を続けるだけの十分な現金を持っていない可能性があると投資家に警告した。カヌーは追加資金を用意しているが、今年は計画通りの台数を生産できるかどうかは疑わしいとも言っています

CanooEV 002

こうした状況を踏まえると、買収先を探すことがCanooの最善策かもしれません

そこでAppleの出番です、このような取引はAppleにとって前例のないことではなく、Drive.aiの買収も同様のやり方で行われました

スポンサーリンク


AppleとCanooが話を始めるのも難しいことではありません、Canooの前CEO、Ulrich Kranzは現在Appleの自動車プロジェクトのトップの1人です、AppleにはCanooの元エンジニアも何人か在籍しています

このEVスタートアップは、さまざまなタイプの車両に適用できる基礎的な自動車プラットフォームを開発している。そのラインナップには、配送車やピックアップトラックがある。しかし、Appleの目的にとって、Canooの最も興味深い製品は、ライフスタイル・ビークルです

AppleとCanooの両方に近い人物は、Appleはおそらく取引で新興企業の基礎技術を望まないだろうが、そのエンジニアリングの才能は資産になり得ると警告しました

Canooには、自動車の内装や外装、ソフトウェア、自動車製造、ドライブトレイン、バッテリー技術、その他の自動車部品に関する専門知識を持つ従業員がいます

Appleは自動車に関して大きな野望を抱いています

同社は、完全な自動運転機能 (ハンドルもペダルもない) を持つ車を、今後10年以内に作ることを目指しています

Apple計画に詳しい人々は、同社が現在その目標に向かって順調に進んでいるかどうかを疑問視しているが、画期的ではない車でもヒットする可能性はあります

CanooEV 003

Appleがデザインした車が、Tesla並みの広々とした室内空間、他の製品との深い統合、限られた自動運転機能を備えていることを想像してみてください

CanooはAppleのカービジョンを現実のものにする手助けをするかもしれません

BloombergのMark Gurman氏の最新のニュース「Power ON」で指摘するように、Appleがその技術のためにCanooを買収することはないと思われます、しかし、経営不振のスタートアップからエンジニアや開発者を獲得することは、優秀な人材を失ったプロジェクトにとって不可欠となる可能性があります

しかし、もしAppleがそのような人材を獲得したいのであれば、迅速に行動しなければならないかもしれません、すでに数名の主要幹部が退社しています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)