AirTagsファームウェアの最新アップデートで不要な追跡音を調整して検出を容易に

AirTagsファームウェアの最新アップデートで不要な追跡音を調整して検出を容易に

今週初め、AppleはAirTagのファームウェアのアップデートを開始しました

アップデートにどのような変更が含まれるかは不明でしたが、Appleは新しいサポート文書「What’s new in firmware updates for AirTag」で、AirTagの開発者によって作られた音を変更したことを明らかにしました

  • AirTagファームウェアアップデート1.0.301
  • 不要なトラッキングサウンドを調整して、不明なAirTagをより簡単に見つけられるようにします

Appleは、ストーカー目的でトラッカーを使用することに関する懸念に対処するために、リリース以来、AirTagsの本体の機能にいくつかの変更を加えています

Appleは2月、ストーキングに対する懸念について同社が実施する一連の変更を発表しており、3月に実施する一部の変更は 「iOS 15.4」 以降に適用されるとしていました

スポンサーリンク


そのうちの1つが、不明なAirTagによって再生されるトーンシーケンスの中で最も音量の大きいトーンを増やして、それを見つけやすくするというもので、今週のファームウェアアップデートにはそれが含まれているようです

  • AirTagのサウンドの調整
  • 現在、望ましくない追跡アラートを受信したiOSユーザーはサウンドを再生して、不明なAirTagを見つけることができます。不明なAirTagを見つけやすくするために、最も大きな音を使用するようにトーンシーケンスを調整します

リリースノートには記載されていませんが、Appleは、このファームウェアを段階的にロールアウトしており、AirTagを強制的に更新する方法はありません

このアップデートは、ロールアウト開始時には火曜日時点でAirTagユーザーの1%に配信されることが制限されていた、5月3日に10%、5月9日に25%に増加し、5月13日にすべてのユーザーに完全に提供される予定です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)