米国のティーンエイジャーは本当に、iPhone、AirPods、Apple Watch、Apple Payが大好きです

米国のティーンエイジャーは本当に、iPhone、AirPods、Apple Watch、Apple Payが大好きです

投資銀行・機関投資家向け証券会社であるPiper Sandler Companiesは、米国のティーンエイジャー7,100人を対象に、43回目となる半期ごとのジェネレーションZ調査を完了しました

そして、その報告書「Taking Stock With Teens」は、Appleにとって良いニュースです

同調査によると、ティーンエイジャーの87%がiPhoneを所有しており、87%がiPhoneが次の携帯電話になると予想していると報告しています

これは、2021年春に設定された88%の記録をわずかに下回っていますが、87%がiPhoneを次のスマートフォン購入にすることも意図しているため、過去最高に戻る可能性があります

ティーンエイジャーの72%がAirPodsを所有しており、過去最高となっています、また調査対象のティーンの34%がApple Watchを所有で前回の調査の30%から増加しています
Piper Sandler

スポンサーリンク


決済アプリでは、10代の87%がiPhoneを持っていると答えたこともあり、Apple Payが1位になりました

PYPLのVenmoは先月使用された決済アプリの中でApple Payに次いで2位、SQのCash Appは3位となっています

これらのランキングについて完全に透明ではないのは、ティーンエイジャーが小売店でApple Payを使用しているのか、それともお互いに送金しているのかということです

現金は今でもティーンエイジャーが好む支払い方法で、2021年の春の調査では、ティーンエイジャーの83%が先月中に現金を使用したと報告しました、最新の数字は、興味深いことに、89%に増加していることを示しています

テクノロジーを見ると、ティーンエイジャーの26%がVRデバイスを所有していると報告していますが、定期的に使用しているのはわずか5%です、回答者のほぼ半数(48%)が、メタバースについて、わからないまたは興味がないと報告しました

「10代の若者の実態調査」 は2月16日から3月22日まで実施された。地域別では、南部45%、西部22%、中西部21%、北東部12%です

(Via .)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)