Apple AirTagのストーカー対策機能が使えないケースが多い

Apple AirTagのストーカー対策機能が使えないケースが多い

AppleのAirTagには、ユーザーの安全のためにストーカー対策の仕組みが備わっています、しかし、警察の新たな分析によると、AirTagは常に期待通りに機能しているわけではありません

Motherboardは発表した新たなレポートの中で、過去8ヶ月間の150件の警察の報告書を分析した結果を公開しました、これらの報告書のうち、強盗や窃盗を扱ったものは半分以下でした

それ以外は、AppleのAirTagを使った女性への嫌がらせやストーカー行為について詳述しています

同紙によると、ストーキングされていた女性たちは、トラッキング防止通知をiPhoneで受け取り始めたため、50件で警察に通報しました

元の重要人物の多くは、ストーキングをしていた女性と同じ場所に現れ始めたために特定されました

電子トラッキングは新しい現象ではありませんし、AirTagから始まったわけでもありません、家庭内暴力のコミュニティ教育者Mary Beth Becker-Lauth氏によると、位置情報に基づくストーカー行為は 「GPS技術そのものと同じくらい古い」 と言います

スポンサーリンク


AppleのAirTagにはさらに、前述の通知と警告音を備えたストーカー対策機能が備わっています、数年前から存在するTileのような競合製品は、つい最近になってようやく同様の安全機構を装備しました

Electronic FrontierFoundationのサイバーセキュリティディレクターであるEvaGalperin氏は次のように述べています

これが大きな問題になることは最初から分かっていました。しかし、その一部はストーカー行為が大きな問題であるという事実に反映されていると思います。AirTagアラートが鳴ることは、実際には人が確かな証拠として警察に持ち込むことができるものです

しかし、これらの通知が役に立つのは機能しているときだけで、Motherboardの記事によると、機能していないケースも多いと言います

AppleのAirTagもストーカー行為を容易にします、AirTagは、Bluetoothが有効になっている近くのAppleデバイスに信号を送り、トラッカーの位置を三角測量するAirTagネットワークに依存しているからです

その後Appleは、不適切な使用を減らすために、AirTagに一連の新機能や変更を加えることを発表しています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)