Apple、供給不足にもかかわらずホリデー四半期(2022年第1四半期)決算、史上最高益を更新か

Apple、供給不足にもかかわらずホリデー四半期(2022年第1四半期)決算、史上最高益を更新か

JPモルガンのアナリストSamik Chatterjeeは、Appleがサプライチェーンの制約に直面しながらも、収益報告時にはアナリストのコンセンサスを上回り、年末年始の四半期としては過去最高を記録すると予想しています

Chatterjee氏は、2021年暦年第4四半期に相当するAppleの2022年第1四半期の予測について概説しました

Appleはこの四半期についてガイダンスも何も発表していませんが、Chatterjee氏はAppleがこの四半期のウォール街の予測を上回り、同社の全記録を打ち破ることを期待しています

Chatterjee氏は、Appleが1,190億ドルの収益を計上し、昨年のホリデー四半期の記録である1,114億ドルを破壊すると予測しています、ウォール街は現在、1,180億ドル前後と予測してい

Appleの株価は前回の決算報告から15%上昇しており、同じ期間に3%しか上昇していないS&Pを上回っています、Chatterjee氏は、業績のアップグレードとiPhone 13の追い風が予想を上回ったと述べていいます

スポンサーリンク


同氏はAppleの2022年第1四半期のiPadの収益を減額していますが、それでもProductsの収益は堅調に推移すると予想していると言います

さらに、同アナリストはiPhone出荷台数を8,300万台に修正し、コンセンサスの8,200万台をわずかに上回ったと言います

Chatterjee氏は、収益サイクルの最大の改善点は、3月期の売上高と1株当たり利益(EPS)の予想になるだろうと述べています

Appleは例年より遅れて在庫バランスを達成し、サプライチェーンの状況が改善されるため、季節的なiPhoneの収益を上回るガイダンスが含まれるだろうと、彼は考えています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)