2021年、581人のApp Store開発者が初の100万ドルを稼ぐ

2021年、581人のApp Store開発者が初の100万ドルを稼ぐ

モバイルアプリへの世界的な消費支出が2021年に再び最高額に達すると予測される中、Sensor Tower Store Intelligenceのデータによると、今年初めて100万米ドル以上の純利益を得たパブリッシャーの数は2016年からほぼ倍増しています

同調査グループによると、2021年にApp StoreとGoogle Play全体でこの重要なマイルストーンを超えるパブリッシャーは世界で900社強、2016年の合計475社から91%近く増加すると予測されています

Sensor Towerによると、このマークを超えるiOSパブリッシャーの数だけでも、2016年の310社から87%増の581社に達するとのことです

Sensor Tower App Store

スポンサーリンク


同レポートによると、Google Playも同様の軌跡をたどり、初めて100万ドル超のパブリッシャーを2016年の165人から今年は325人にまで増やすと言い、これは97%の成長率でこの点ではApp Storeの実績を6ポイント上回っています

Sensor Towerによると、AppleのApp Storeでは2020年に初めて636のパブリッシャーが100万ドル以上の売上を記録しましたが、2021年には9%近く減少するとされています

Google Playは昨年367のパブリッシャーが達成しており、今年のパブリッシャー総数は11%下回ることになります

Sensor Towerのレポートには、「歴史的に毎年、App Storeで初めて100万ドル以上の純収入を得るパブリッシャーは増えているが、AppleのマーケットプレイスとGoogle Playの差は縮まりつつある」と記しています

両者の差が最大になったのは2017年で、App Storeの売上はGoogle Playの2.7倍でしたが、今年のApple Storeのパブリッシャーの売上は、初めて100万ドル強を記録したGoogleの1.8倍になります

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)