Apple、2022年に3億台の販売を目標にiPhone 13 を大幅な増産へ

Apple、2022年に3億台の販売を目標にiPhone 13 を大幅な増産へ

iPhone 13は、Appleが2022年に3億台の携帯電話を目標としていることから、大幅に生産量が増加する見込みです

Appleは最近、チップ不足のためにiPhoneを減産したと報じられていることを考えると、この報道は納得できるものです

Bloombergの報道では、「事情に詳しい関係者」によると、同社は2021年のiPhone 13の生産台数を最大1000万台減らす可能性があるといいます

関係者によると、同社は今年後半にiPhoneの新モデル9,000万機種を生産する予定でしたが、ブロードコムとテキサス・インスツルメンツが十分な部品供給に苦戦しているため、生産パートナーには生産台数が少なくなると伝えています

スポンサーリンク


iPhone 13シリーズのすべての製品を手に入れるのはかなり困難であり、一部の顧客にとっては大きな待ち時間となっています

したがって、アAppleが来年初めに供給量を増やすことで需要を補い、追いつこうとするのは理にかなっていると思われます

もちろん、3億台のiPhoneの目標は、iPhone 14の成功に大きく左右されます

初期の噂では、このiPhone 14は、かつてのiPhone 4や4Sを彷彿とさせる新しいデザインで登場するのではないかと言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)