Apple初の複合現実ヘッドセットは、ゲーム、メディア、コミュニケーションに特化したとの噂

Apple初の複合現実ヘッドセットは、ゲーム、メディア、コミュニケーションに特化したとの噂

BloombergのMark Gurman氏によると、うわさされているAppleの拡張現実 (AR) および仮想現実 (VR) ヘッドセットは、ゲーム、メディア、コミュニケーションにフォーカスしたものになるとのことです

Gurman氏は、Appleの計画に関する正確な見解を頻繁に明らかにしており、同氏の週刊ニュースレター「Power On」で、同社の複合現実ヘッドセットからユーザーが期待できる広範なユースケースについて概説しています

Gurman氏は、ヘッドセットはゲーム、メディア、コミュニケーションという3つのキラー機能にフォーカスすると考えています

スポンサーリンク


ヘッドセットのハードウェアと仕様に関する多くの詳細が報告されており、同デバイスは軽量設計、メインプロセッサ2基、4KマイクロLEDディスプレイ2基、光学モジュール15基、アイトラッキング、Wi-Fi 6 E接続などを搭載するとうわさされています

Appleは同デバイスの潜在的なソフトウェアに関連する多数の特許を出願しており、シースルーARモードが搭載されると予想されていますが、Gurman氏が本日概要を明らかにした予想されるソフトウェア機能は、同デバイスの機能に関する限られた数のうわさの1つです

Morgan Stanleyのアナリストによると、アップルの複合現実感ヘッドセットは現在「打ち上げに近づいている」とのことで、Kuo氏はこのデバイスが2022年の第2四半期に量産を開始し、2022年の第4四半期に発売されると考えています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)