Apple、サードパーティと組んでセルフサービスリペアのパーツ・ツールストア運営を計画中

Apple、サードパーティと組んでセルフサービスリペアのパーツ・ツールストア運営を計画中

Appleは先週、「iPhone 12」や「iPhone 13」の一般的な修理に必要な部品や書類を自宅で入手できる、新しい「セルフサービスリペアプログラム」を発表しました

Appleは、このプログラムを2022年初頭に米国で展開する予定ですが、その開始に先立ち、このたびプログラムの追加詳細が明らかになりました

先週Appleが発表したセルフサービスリペアプログラムの詳細は控えめでしたが、MacRumorsが入手した内部メモには、これまで知られていなかったいくつかの情報が記載されています

当然ながら、メモには、Appleがドキュメントと修理マニュアルをApple Support Webサイトで公開する予定であることが明記されています、Appleは現在、ここにトラブルシューティングの詳細を掲載しているので、修理に関する文書もここに掲載するのは当然です

スポンサーリンク


第二に、おそらくもっと興味深いことに、このメモはAppleが特定されていないサードパーティーと協力してオンライン部品ストアを運営することを示唆しています

これは、部品やツールを注文する既存のApple正規サービスプロバイダに対してAppleが行っていることと似ているため、Appleはこのシステムを拡張して、iPhoneの部品やツールを購入しようとしている個人をサポートすることも計画しているようです

これには、バッテリー交換、カメラ交換、スクリーン交換などが含まれ、将来的には、このプログラムをM1 Macやその他のiPhoneの修理にも拡大していく予定です

セルフサービスリペアプログラムは、まず2022年初頭に米国で開始され、その後、各国に拡大していく予定です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)