TSMCが製造上の課題に直面しているため、iPhone 14に3nmチップが搭載される可能性は低い

TSMCが製造上の課題に直面しているため、iPhone 14に3nmチップが搭載される可能性は低い

MacがApple Siliconに移行し、iPhoneとiPadが進化を続ける中、AppleとTaiwan Semiconductor Manufacturingの関係は深まり進化しています

本日発表されたThe Informationの新しいレポートでは、TSMCが3nm製造への移行に苦戦していることに加えて、この関係について詳しく説明しています

iPhone 13のA5プロセッサは5nmプロセスで製造されています、TSMCは現在 3nm製造技術への移行の最中ですが、そのための課題に直面していると言われます

iPhone 14に新しい3nmチップが搭載された場合、Appleは「劇的にサイズを大きくすることなく、より強力で消費電力の少ないプロセッサを搭載することができるだろう」とレポートは述べています、しかしTSMCのプロセッサの縮小は、来年のiPhone 14には間に合わないだろう

スポンサーリンク


TSMCの苦戦の結果、Appleの過去のチップについてThe Informationが分析したところによると、iPhoneのプロセッサが3年連続で同じチップ製造プロセスで製造され続けるこになり、史上初の事態となります

多くのVIP顧客と同様に、Appleは特に要求が厳しい場合があります

TSMCの元エンジニアの一人は、2020年にTSMCがiPhone 12のプロセッサの製造上の問題に遭遇した後、Appleは契約の総額を引き上げずに、より多くのチップを供給するようTSMCに圧力をかけたと語っています

また、Appleのチップ担当幹部を務めたことのある人物によると、同社はTSMCに対し、地震のリスクを懸念して、台湾南部の高雄に少なくとも1つのチップ工場を建設するよう要請したと言います

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)