AirPodsは将来的に皮膚温を測定できるようになる可能性

AirPodsは将来的に皮膚温を測定できるようになる可能性

AirPodsは高価ですが、ワイヤレスイヤホン市場を席巻しています、Appleは、このウェアラブルに健康やフィットネスに関連する機能を搭載することを計画しています

Wall Street Journalの報道によると、AppleはAirPodsをパワーアップした健康機器にするために、3つの方法を検討していると言われています

まず、聴覚の強化ですが、これはConversation BoostとLive Listenの機能を拡張したものです、この「ヒアリング」機能は、周囲で話している人の声をピンポイントで増幅するもので、10月にリリースされました

このレポートでは、AppleがAirPodsを補聴器として販売することを許可する、特定の新しいFDA規制が引用されています。この規制は、「軽度から中程度の難聴を治療するために、新しいクラスの安価な補聴器を消費者に直接販売することを許可する」というものです

スポンサーリンク


2つ目の健康関連の機能として検討されているのは、耳の中から体幹温度を測定することに関するものです

Apple Watchに搭載されているような皮膚温度センサーをAirPodの本体に組み込むことで、この機能を実現しようとしています、このようなセンサーをどのようにしてAirPodsに組み込むかについては、明確には開示していません

3つ目は、AppleはAirPodsを使って姿勢や人間工学をモニターする方法を模索しています、レポートでは、「イヤホンに搭載されたモーションセンサーを利用して、装着者に猫背を警告し、姿勢を改善する」という機能に言及しています

第3世代のAirPodsに関するうわさは、以前から流れていました、実際、Appleは10月18日(現地時間)に予定されている「Unleashed」イベントで発表すると予想されています

今回の報道では、上記の機能は “来年までには期待できない “とし、これに対する疑念を払拭しています

(Source Wall Street Journal , Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)