iPadOS 15、M1 iPad Proでアプリがこれまでの最大5GBから最大12GBのRAMの使用が可能に

iPadOS 15、M1 iPad Proでアプリがこれまでの最大5GBから最大12GBのRAMの使用が可能に

AppleのWebサイトに掲載されている最新の記述を見ると、iPadOS 15では、アプリがこれまでの2倍のRAMを使用する許可を要求できることがわかります

Appleは、コアシステムの機能に影響が出ないように、アプリが使用できるRAMの量を制限しています、現在、アプリは2021年のiPad Proで、これまでの制限である5GBから12GBまでのRAMを使用できるようになっています

これまでAppleは、インストールされたアプリケーションが使用できるRAMまたはシステムメモリの量を制限してきました、これは、単一のアプリケーションがRAMを占有することで、システムのコア機能に影響を与えることを防ぐためです

開発者は、アプリケーションが最大5GBまでのRAMの割り当てを要求できるように、アプリケーションをプログラムすることができます

9月20日にリリースされるiPadOS 15では、この新しい権利により、開発者は、より多くのシステムメモリにアクセスすることで、一部のアプリケーション機能のパフォーマンスが向上することをOSに知らせることができます

スポンサーリンク


これにより、最上位機種であるM1搭載iPad Proで動作するアプリケーションは、このエンタイトルメントを利用して、搭載されている16GBのRAMのうち12GBの割り当てを要求することができます

一方、M1搭載iPad Proのうち、搭載メモリが8GBの他のモデルでは、最大6GBの割り当てを要求することができます

この変更は、ドローイング、3Dモデリング、写真編集、ビデオ編集など、グラフィックを多用するアプリケーションに有効です

また、RAMを追加することで、マルチタスクのユーザーエクスペリエンスが向上し、アプリ間の切り替えが容易になります

Appleによると、この新しい権利は「サポートされたデバイス」で利用できるとのことですが、現時点では、iPad Pro以外のデバイスでこの権利をサポートできるかどうかは不明です

今週初めに発売された新しいiPad miniの場合、4GBのRAMしか搭載されていないため、Appleはアプリがより多くのRAMを要求できるようにはしないと思われます

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)