iPhone 13はLEO衛星通信をサポートし、ユーザーは携帯信号なしで電話をかけたりテキストメッセージを送信できるようになる

iPhone 13はLEO衛星通信をサポートし、ユーザーは携帯信号なしで電話をかけたりテキストメッセージを送信できるようになる

iPhone 12は、5Gの発売のおかげで、Appleの大ヒットとなっています、Appleは、今年iPhoneに新しい無線技術を追加することによって、勢いを維持したいようです

投資家向けメモの中で、Ming-Chi Kuo氏は今日、次期iPhone 13モデルには低地球軌道 (LEO) 衛星通信モードが搭載されるだろうと予想しています、これにより、iPhone 13ユーザーは、標準の4G/5Gセルタワーカバレッジの範囲外であっても、メッセージを送信したり電話をかけたりできるようになります

Bloombergが最初に報じたのは、Appleが衛星技術を使ってiPhoneにデータを送信していたことに関する2019年の記事ですが、この機能が2021年のiPhone 13ラインアップの一部として提供されると聞いたのはこれが初めてです

Kuo氏は、LEOの衛星通信は今後登場するAppleのARヘッドセットやApple CarなどのIoTアクセサリでも利用される可能性があると推測しています

スポンサーリンク


Kuo氏によると、iPhone 13にはQualcommのベースバンドモデムチップ「X60」のカスタマイズ版が搭載されると言い、このチップは衛星通信をサポートします

衛星電話でメッセージを送ったり電話をかけたりすることが、iMessageやFaceTimeのようなAppleのサービスでしかできないのか、それともAppleが衛星通信を相手側の標準基地局にプロキシすることができるのかは不明です、また、GPSのような衛星機能が無料になるのか、あるいは使用料を伴うのかも不明です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)