米上院の法案は、Appleにアプリ内決済システムの使用の強制を禁止し、サードパーティーのApp Storeを許可する

米上院の法案は、Appleにアプリ内決済システムの使用の強制を禁止し、サードパーティーのApp Storeを許可する

米国上院に提出された法案は、Appleの「App Store」と「Google Play」に新たな制限と要件を課すもので、アプリのエコシステムに対する2つのハイテク企業の事実上の独占的な支配を終わらせることを目的としています

上院の新法案「Open App Markets Act」は、AppleとGoogleが開発者に対して、標準的な30%の手数料を取るアプリ内課金システムの使用を要求することを禁止し、消費者がモバイル機器用に異なるサードパーティのアプリストアを選択できるようにすることなどを目的としています

Varietyによると:

この法案は、Richard Blumenthal議員(民主党)によって提出されました、この法案は、Richard Blumenthal(コネチカット州選出)、Marsha Blackburn(テネシー州選出)、Amy Klobuchar(ミネソタ州選出)の各議員によって水曜日に提出されました

スポンサーリンク


同議員団によると、「Open App Markets法」は、低価格を消費者に伝え、競争力のある価格を提供する開発者の権利を保護し、アプリの「サイドロード」を可能にすることをデバイスに義務づけ、スタートアップ・アプリ、サードパーティ・アプリ・ストア、決済サービスに競争の道を開き、消費者がデバイスをより自由にコントロールできるようにし、App Storeが開発者に不利益を与えないようにし、消費者のプライバシー、セキュリティ、安全性を継続的に保護するためのセーフガードを設定するものです

「Open App Markets法」は、デベロッパーが別の支払い方法を使えるようにすることに加えて、ユーザーがデフォルトとして使いたいアプリを選択できるようにするか、デフォルトでインストールしたいアプリを選択できるようにします

この法案は、アプリストアが競合他社よりも自社製品を有利にすることを禁止し、AppleとGoogleがサードパーティーアプリのビジネス機密情報を使って競合製品を作ることを禁止するものです

Blumenthal議員は声明の中で、「大手ハイテク企業は、革新的な新興企業を犠牲にして、ユーザーに自社のアプリストアを押し付けています、AppleとGoogleは、自分たちの利益を脅かすサードパーティ製アプリストアを開発者や消費者が利用できないようにしたいのです。彼らの反競争的な行為は、自由で公正な市場への直接的な冒涜です」と述べています

(Via Variety.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)