Apple、iPhoneの第2四半期出荷台数は前年比17.8%増

Apple、iPhoneの第2四半期出荷台数は前年比17.8%増

International Data Corporation(IDC)によると、2021年第2四半期のスマートフォンは、2020年からの反発が続き、全体の出荷台数は前年同期比13.2%増となり、IDCの予測である12.5%増をわずかに上回りました

IDCのWorldwide Quarterly Mobile Phone Trackerの速報データによると、スマートフォンベンダーは同四半期に合計3億1,320万台の端末を出荷し、この市場が持続的な成長に向かって戻っていることをさらに証明しています

すべての地域が全体的な成長に貢献しましたが、中国は例外で、旗艦製品の発売がなく、需要が予想を下回り、Huaweiブランドのさらなる落ち込みにより、市場は2020年第2四半期から10%下落しました

IDCのMobile and Consumer Device Trackers担当プログラムバイスプレジデントRyan Reith氏は声明で次のように述べています

スマートフォン市場は幸運にも、自動車、PC、ディスプレイ業界のような厳しい供給制約を経験していません
パンデミックはまだ終わっていないが、世界中の消費者は引き続きモバイルデバイスの必要性と、これらの分野に投資する意欲を示しています、5G端末の出荷台数は、特に価格が下がっていることから増加していますが、消費者はまだ5Gに特化した製品を購入していないとわれわれは考えています

スポンサーリンク


Huaweiの出荷台数が減少し続けており、LGがスマートフォン事業から撤退するという最近の発表を受けて、市場シェアは拡大の一途をたどっています、その結果、残りの企業の市場ポジションが大きく変化しました、最も注目すべきは、Xiaomiが第2四半期に初めて第2位に浮上し、Appleが第3位になったことです

HuaweiとLGが強い市場(中国と米国)では、企業がシェアを獲得するチャンスが異なります、米国では、Motorola、TCL、OnePlusがLGの撤退により、ここ数年で見ていた以上の前年比の増加を経験しました、中国では、uaweiの急速な衰退から恩恵を受け続けているのは、Xiaomi、OPPO、vivo、そしてAppleです

IDCのMobile and Consumer Device TrackersのリサーチディレクターであるNabila Popal氏は、声明の中で次のように述べています

世界的には、すべての中国ブランドが急速に成長しており、Xiaomiは今期記録的な販売台数を達成し、前年同期比で86.6%の成長を遂げましたた。もう一つの上昇中の新星はrealmeで、上位10社の中で最も高い前年比成長率149%を記録し、その販売量の4分の3以上は中国国外からのものでした。
これらすべての中国ブランドが欧州、中南米、中東、アフリカなどの地域に重点を置くようになれば、これらの市場におけるSamsungなどの企業にとって競争はますます激しくなるでしょう

  • スマートフォン企業トップ5、世界出荷台数、市場シェア、前年同期比成長、2021年第2四半期 (出荷台数百万台)

IDC iPhone 2021
(Via IDC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)