最近の好調な四半期を受けて、27日の決算報告での2桁増を期待しApple(AAPL)株への期待が再び高まる

最近の好調な四半期を受けて、27日の決算報告での2桁増を期待しApple(AAPL)株への期待が再び高まる

アナリストたちは、Appleが27日(現地時間)発表する会計年度第3四半期の決算で、またしても2桁の収益成長を達成することを期待しています

Benzingaによると:

AAPLは、過去2四半期、そして過去4四半期のうち3回、2桁台の堅調な業績を上げ、アナリストたちを驚かせてきました

AAPLは、第2四半期だけでも、ウォール街の予想を簡単に上回り、収益が236億ドル増加し、54%増の896億ドルになり、第2四半期のiPhoneの収益は65.5%増の479.4億ドルで、ウォール街の見積もりを約60億ドル上回っています

一部のアナリストは、純利益が昨年より3分の1近く多い700億ドルを超える可能性があるという記録的な年を予測しています

ピークから20%の修正を含む今年の非常にでこぼこしたスタートの後、Appleの株価はこの2か月間で爆発的なエネルギーを持ち、現在ではS&P500指数の年間累計とほぼ同じになっています

スポンサーリンク


前回も四半期の見通しを発表しなかったAAPLは、iPhone、Mac、iPad用のチップやその他の主要部品の供給制約により、トップラインの売上高が40億ドル程度減少する可能性があると指摘しました、しかし、売上総利益率は41.5%から42.5%になると予想しています

AAPLの調整後EPSは、アナリストによる第3者コンセンサス予想では、前年同期の0.64ドルに対し、1ドルとなる見込みです、売上高は、前年同期比22%増の729億3,000万ドルとなる見込みです

オプション・トレーダーは、来るべき決算発表の前後で、株価が約3.7%どちらかの方向に動くと予想しています

(Via Yahoo! finance.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)