iPhone 12の影響で、AndroidユーザーはiOSに移行している

iPhone 12の影響で、AndroidユーザーはiOSに移行している

モバイルOSの市場シェアがiOSにシフトしていることが、Consumer Researchの調査で明らかになりました

Consumer Research社の調査は、常に少し注意を払う必要があります

今回の調査では、約500人の米国人を対象にしていますが、その規模は極めて小さいものです、しかし、彼らの今回の調査結果は、他の情報源からも確認することができます

2020年10月以降、iOSは市場シェアを拡大しており、特にAndroidユーザーはAppleのエコシステムへの乗り換えが進んでいます

Appleはロイヤリティを高め、Androidは失う

Appleの本拠地である米国では、新規アクティベーションの半分がiOS、残り半分がAndroidとなっています

ここ数年、米国の携帯電話市場では、Androidが60%近くを占め、優位に立っていました

Consumer Research社は、この現在の逆転現象を2つの要因で説明しています

スポンサーリンク


1つは、Appleが顧客のロイヤルティを高めることができたこと、もう1つは、米国でiPhoneを所有している人のほぼ93%がAppleのデバイスを使い続けると考えていることで、この割合は数年前から継続的に向上しています。

一方、Androidユーザーの88%はAndroidを使い続けると回答しています。このようなロイヤルティの違いにより、最近ではiOSが優位に立っています

米国だけでなく

同様の傾向は、Androidの伝統的な国であるドイツでも見られます、ここでは、乗り換えた人のデータではなく、絶対的な市場シェアのデータがあります

2020年10月、「iPhone 12」の発売と同時に、iOSは市場シェアを29%から35.5%弱に伸ばし、Androidはシェアが70.3%から63.99%に低下ししました

同様の状況は、Androidのシェアがさらに高いフランスでも見られます

2020年10月以降、スマートフォン市場におけるiOSのシェアは継続的に上昇しており、2020年9月にはほぼ26%、2021年6月には32%となっています

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)