Appleがアップデートをブロックした後、中国のApp Tracking Transparencyの回避策がサポートされなくなる

Appleがアップデートをブロックした後、中国のApp Tracking Transparencyの回避策がサポートされなくなる

App Tracking Transparencyのルールを回避しようとする中国の取り組みは、影響を受けるアプリのアップデートがApp Storeに届かないようにすることでAppleが報復した後、事実上消滅しました

App Tracking Transparencyが導入されたことで、開発者は「IDFA (Identifier for Advertisers) 」と呼ばれるiPhone固有のデバイス識別子を追跡する許可を求めざるを得なくなりました、しかし、中国でAppleの制限を回避しようとする試みの1つは支持を失ったようです

当初3月に報告されたCAIDとして知られるシステムは、アプリがIDFAを使用する許可をユーザーが拒否した場合でも、Appleデバイス上のユーザーを追跡する手段を提供すると主張していました

特にTikTokの親会社であるByteDanceやTencentなどの大手テクノロジ企業がこの取り組みを検討していたことから、中国が支援するシステムはATTが機能的に機能する上でリスクになると考えられていました

スポンサーリンク


Appleのシステムと関連ポリシーを回避する可能性があるにもかかわらず、CAIDは以前ほど脅威ではないようです、Financial Timesによると、これはプライバシーの脅威に対応するというAppleの決定によるものだとしています

CAIDに関する報道が浮上した直後、Appleは、ソフトウェアアップデートにCAIDサポートが追加され、App Storeでの配布が禁止されていることを発見したアプリをブロックして報復したようです

報復の後、CAIDは支持を失い、事実上停止しました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)