iPhone 13のワイヤレス充電コイルが大型化、リバースワイヤレス充電の可能性

iPhone 13のワイヤレス充電コイルが大型化、リバースワイヤレス充電の可能性

Max Weinbach氏のEverythingAppleProによると、Appleは次期「iPhone」の物理的なワイヤレス充電コイルを大きくする計画で、これによりワイヤレス充電を誘導できる表面積が増えると言います

同氏は以前、iPhone 2021にはより強力なマグセーフ磁石が搭載されると報じていましたが、今日のうわさでは、コイルのサイズが大きくなる理由の一つではないかと繰り返し述べています

Weinbach氏はまた、コイルのサイズを大きくすることで、逆方向のワイヤレス充電が可能になると推測していいます、逆方向のワイヤレス充電では、AirPodsなどのワイヤレス充電対応デバイスをiPhoneの背面に置くことで充電できます

2月、BloombergのMark Gurman氏は、「近い将来」でiPhoneにワイヤレス充電機能が搭載される可能性は低いと述べています

スポンサーリンク


Appleがこの機能を公式に発表することを控えているにもかかわらず、今年の初めにFCCが提出した2020年モデルのiPhone 12ラインアップには、ワイヤレスで他のデバイスを充電する機能、第二世代のAirPods Pro、AirPods Pro、または新しいApple Watchモデルなどが含まれています

さらに最近では、Bloombergが、Appleが2022年の次世代iPad Proに逆方向のワイヤレス充電機能を搭載することを計画していると報じました

逆方向のワイヤレス充電はデバイスのバッテリを著しく消耗するため、Appleはこの機能がiPhoneよりも大きいバッテリを搭載したiPad Proにこの機能を搭載することに意味があると考えているのかもしれません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)