Apple、人材の確保に苦戦しているためにシリコンバレー以外で急速に事業を拡大

Apple、人材の確保に苦戦しているためにシリコンバレー以外で急速に事業を拡大

BloombergのMark Gurman氏は、サンフランシスコのベイエリアは物価が高いのでAppleは 「人材を失っている、多くのエンジニアは、子どもの大学の授業料や長期的な貯金といった他の仕事と生活費のバランスが取れていないことを嘆いていました」と報告しています

Appleはシリコンバレーに注力しているため、従業員の多様化に苦戦しています

また、Amazon、Google、Netflixなど、さまざまな企業と人材獲得競争を繰り広げていおり、運用コストも高く、Gurman氏は 「Appleは、より低価格の地域ではるかに低い給与を要求する従業員から同じ仕事を得ることができる」 と書いています

これらの理由から、Appleはシリコンバレーからの分散化を検討していると報じられています

Appleのカスタムシリコン部門の責任者であるJohny Srouji氏や、Appleのオンラインサービス部門の責任者であるEddy Cue氏を含む役員たちが、この分野のリーダーです

Appleの小売部門と人事部門の責任者、Deirdre O’Brienもこれらの取り組みをサポートしています

スポンサーリンク


会社全体の地方分権化が本格化しており、Appleはロサンゼルスとサンディエゴの晴れの多い海岸からオレゴンとワシントンの太平洋岸北西部、コロラドのロッキー山脈、アイオワの中西部、マサチューセッツ、マイアミ、ニューヨークの東海岸までへとコストをかけた拡張を行っています

しかし結局のところ、シリコンバレーの外にオフィスを構えるというAppleの戦略は、まだ対面での仕事を必要としており、「依然としてAppleの人材プールを制限している」 とGurman氏は書いています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)