AppleのApp Storeは2021年上半期に前年同期比22%増の415億ドルの売上を記録

AppleのApp Storeは2021年上半期に前年同期比22%増の415億ドルの売上を記録

Sensor Towerの新しいレポートによると、AppleのApp Storeは、2021年上半期に、アプリ内購入、サブスクリプション、プレミアムアプリやゲームから、全世界で415億ドルの消費者支出を生み出すと予測されています

これは、同時期に234億ドルの売上を記録した「Google Play」の約1.8倍にあたります、しかし、Google社のマーケットプレイスは、Apple社のマーケットプレイスよりも前年同期比でより多くの成長を遂げると予測されます

Sensor Tower 0629 00002

2021年上半期のApp Storeの成長率は、2020年上半期の約340億ドルから22.1%となっており、COVID-19パンデミックの発生時に支出が加速したため、2020年上半期に経験した29.3%の成長率よりも7%ポイントほど低くなっています

スポンサーリンク


報告書によると、COVID-19の流行によりApp Storeのダウンロード数と支出額が大幅に増加したため、2021年の成長率は昨年の成長率に比べて鈍化していますが、Appleがこの勢いを2021年の上半期まで維持することは素晴らしいことです

Sensor Towerによると、上半期のアプリのインストール数は約10%減の163億に達したとのことで、より印象的と言えるかもしれません

Sensor Tower 0629 00003

つまり、iPhoneにインストールされたすべてのアプリは、平均して約2.5ドルのApp Store収益に値するということです、もちろん、App Storeに掲載されているアプリの約85%は無料ですから、この収益はすべて、App Storeに掲載されている約15%の無料ではないアプリや、ユーザーにアプリ内課金を提供しているアプリからもたらされています

Sensor Towerによると、同時期の世界のアプリ支出は、iPhoneおよびAndroid全体でほぼ650億ドルに達しており、いつものように稼ぎの大部分はゲームで稼がれ、Appleが生み出した推定415億ドルのうち約260億ドルを占めています

スポンサーリンク


なお、Appleはこれらの数字を公表しておらず、Sensor Towerの調査は推定値に基づいており、税金やアプリ内広告による収入も考慮されていません

Appleが裏付けた数字によると、Appleが生み出した売上は2020年に6,430億ドル(約6兆円)で、このうちデジタル商品やサービスの販売によるものは比較的小さな部分に過ぎません、Appleによれば、このうち5,110億ドルは物理的な商品やサービスであり、460億ドルは広告によるものです

(Via Sensor Tower.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)