Appleユーザーの75%近くが「iPhone 13 」を望んでおらず、半数以上がiOS 15を楽しみにしていない

Appleユーザーの75%近くが「iPhone 13 」を望んでおらず、半数以上がiOS 15を楽しみにしていない

新しい調査によると、iPhoneユーザーの多くは「iPhone 13」に別の名前を付けたいと考えています、その名前を迷信的に捉えている人はわずかです

SellCellが実施したこの調査では、回答者の74%が、「iPhone 13」が他の名前になることを望んでいると答えました

回答者は、最もふさわしい候補の名前にも投票し、「iPhone (2021)」が38%の票を得てトップになりました、しかし、13という数字について実際に迷信を持っている回答者は約18%にすぎず、これはAppleユーザーの5人に1人に相当します

名前はさておき、ほとんどのAppleユーザーは次期iPhoneの登場を待つ準備ができているようです、調査によると、64%が今秋の新モデル発売を待つためにiPhoneの購入を控えると答えています

スポンサーリンク


SellCellは、iOS 15を含む次期ソフトウェアアップデートについてもAppleユーザーを調査し、半数以上の約52%がiOS 15の新機能に「わずかに」または「全くない」と答えました

最も人気のある新機能については、23%がアップグレードされたWalletアプリをお気に入りに挙げ、約17%が高度なSpotlight検索をトップに挙げ、14.2%が削除または消去されたデバイスを追跡する新しい 「Find My」 機能を最も気に入ったと述べています

回答者の約32%が、「iOS 15」でインタラクティブウィジェットが導入されることを望んでいると述べており、21%は、常時オンのディスプレイ機能が最も足りない機能だと述べてます、iPadOS用のプロフェッショナルアプリケーションは、調査対象者の14.9%が希望する項目の上位に挙げています

過半数の71%が、新しい「Digital Legacy Program」の一部として提供されたデータを管理したいと述べました

約27%が閲覧履歴を共有したくないと答え、16.4%がメッセージを共有したくないと述べ答え、13.7%がキーチェーンパスワードを共有データのリストから除外したいと答えています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)